2019年04月30日

アタック日本海、DNF

午前3時川口を車で出発、練馬のすき家で朝食
午前5時前にサンピア越生駐車場でブリーフィングの後
車検でスタート。

天気予報通り雨降りが残っていたので
長袖アンダー、長袖ジャケット、ウィンドブレーカー
100均雨合羽、反射ベストでの旅立ち。

小前田の先で先頭に合流
前橋・渋川とゆるいのぼりが続き
敷島の駅前でお日様が覗き暑かったので合羽を脱ぎました。

沼田PCを過ぎて猿ヶ京から三国トンネル付まで好天でしたが
苗場側の空模様が一変して黒くなり三国トンネルをくぐると

「トンネルと抜けると向かい風、突風の猛吹雪」

例年ですと苗場のゲレンデを背景に写真を撮り
FBにアップしていましたが、それどころではありません。
苗場田代あたりでは雨脚が強く、気温もどんどん下がってきました。
トンネル内の路面状況も悪く、車の速度も速いので恐怖です。

なんとか湯沢に降りましたが、手がかじかんでフロントギアチェンジ不能。
石打のレストランでネガティブな精神状態を回復のため1時間休憩。

精神状態は幾分回復しましたが、雨降り状態が一向にゆるむことなく
5時間以上簡易な雨対策で濡れ続け
予約をしてある長岡ホテルまで200km以上
到着予定が午前1時以降になるため
残念ながらDNFを決めました。

17号線塩沢「ダイソー」にて自転車カバーを購入
JR塩沢駅からJR長岡駅まで乗車して
ホテルに入り早めの就寝。

午前5時過ぎにホテルをでると幾多の困難を乗り越えているライダーと合流。
悪天候、睡眠不足と疲労の感は見て取れますが走り続けています。
スプリンターでもヒルクライマーでなくても、凄いと改めて感じました。

17号線を長岡から渋川までルートは引かれていますが
国道に沿った市街地があり、DNFの特典でのんびり走行。

小島屋.JPG

ブルベでは帰路も三国峠を登り返しますが
認定を外れると観光モード、
山の区間「越後湯沢〜水上」を電車利用
最後のPC渋川に立ち寄ると前半一緒にいたマスダさん達数名と合流。
ここまでのサバイバルな道のりを聞けました。

ゴール地点サンピア越生で汗を流して
車で無事帰宅(^^♪

こいのぼり.jpg

改めて悪天候の恐ろしさとブルベライダーの精神力を感じました。


posted by 金子和弘 at 08:32| Comment(2) | サイクリング
この記事へのコメント
金子和弘さん

さんざんな目にあいましたね。気力と体力がいかに大事か改めてわかりましたね。
Posted by パピちゃん at 2019年05月01日 10:20
サバイバルライダーの一員で
参加していますが
過酷な状況を端から見れて
気が引き締まりました。
Posted by 金子和弘 at 2019年05月01日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: