2018年10月29日

南砂町マクドナルド

南砂町.jpg

次女の誕生日+フィアンセ家族との顔合わせ→入籍
建築中の建物室内設備の打ち合わせなどのためちょっとお出かけ

新砂.JPG

鹿浜から荒川CRにインして南下、信号のない河川敷を20kmで新砂
消防隊員の方々が訓練をしておりました。

McCafe.JPG

昼食に「McCafe」、川口にも店舗はありますが・・・・

メニュー.JPG

多少なりとも消耗をしてからの方が、美味しく味わえます。

見晴茶屋.JPG

帰路も車通りのない荒川CRを下流に北上して20km
キッチンとれたて(^^♪
時間も読めて適当に運動できるありがたい環境です。

全員.jpg

午後5時30分からご両家顔合わせ、タント頂いてしまいました。

婚姻届け.jpg

解散後、市役所にて婚姻届け(^^♪

戸籍も5人家族から、あっという間に家内と2人になりました。
posted by 金子和弘 at 13:52| Comment(2) | サイクリング

2018年10月22日

ジャパンカップ

ポンプ.jpg

前日に上棟式を行い、長男世帯と家内と会食
時間が読めなかったので単独行動

午前5時には川口をスタート
目的地はリベンジ宇都宮餃子
ジャパンカップ

古河市に入ると宇都宮ジャパンカップに向かう
山岡さんという方と合流
先週松ちゃんとジョイントした野木・乙女橋を渡ると
傷ついた相棒ポンプを発見、持ち帰りました(^^♪

塩山.JPG

順調に進行していたので、楡木にて山岡さんと別れしばしお仕事
所有のお山の状況を確かめに

住居.JPG

擁壁の上部が所有地ながら、その下には民家があります。

占拠.JPG

平地の道路側には駐車車両+毛布が干されていましたが
クレームを申し付けても管理出来ないので現況確認のみ。

正嗣.jpg

寄り道をしても、10時30分前には「正嗣」到着。
11時開店ですが5分前には入店することが出来ました。

餃子.jpg

オーダーは焼き餃子2人前
水餃子2人前
※餃子専門店に付き、ライス・ビールはありません。

田野町.jpg

食後に宇都宮森林公園を舞台に行われているジャパンカップへ

大勢の観客が見守る中
選手、サポートカーが次々に激走
生で見る迫力は格別でした。

ゆっくり観戦していきたいところですが
帰路の道のりもあるので12時30分過ぎに発
午後5時30分ごろには川口につくことが出来ました。

建築.JPG

住まいの外観も形を成してきたので楽しみです。
週末には次女の相手方ご両親との顔合わせ
来週も福島の物件対応等業務が続きますが
なすべきことをありがたく邁進いたします。
posted by 金子和弘 at 10:13| Comment(0) | サイクリング

2018年10月15日

宇都宮餃子

新鹿沼.jpg

午前6時セブン田島8丁目店スタートで宇都宮餃子ツアー企画
ところが雨が降り続けていたため松ちゃんの姿は見えず
連絡をすると中止だとお布団の中のようでした。

我に返って判断するとサイクリングは雨天には出かけない
という原則をブルベの影響で薄らいでいたことに気が付きました。

川口方面に向かうと心なしか雨雲が薄くなり雲の切れ間が・・・
足は自然と宇都宮方面に向かい、11時前には餃子にありつけそうでした。

合戦場につく手前で後輪がパンク、チューブ交換しようとしたところ
ポンプがないことに気が付きました。
雨降りが収まって、松ちゃんがこちらに向かっているとのことですが
岩槻からまだ50km以上はあるので
パンク現場の前、シャディ・サラダ館に助けを求めに行くと
女性店長が自転車経験者で、自宅にポンプがあると
取りに行ってくれました。

修理後再び鹿沼を目指しましたが、パンクが発生した場合対応不可
自宅方面にかじを切りなおしました(^^♪

野木.jpg

野木まで戻ると、松ちゃんと合流することができパンク不安解消。

中村屋.jpg

佐野ラーメン+餃子のお店「中村屋」さんで昼食。

餃子.jpg

正嗣、みんみんではありませんが「ジャンボ餃子」

佐野ラーメン.jpg

佐野ラーメン、青竹打ち麺とあっさり醤油ベース。

帰路.jpg

パンクにより帰路に向かう時間が早くなりました。

鈴木家.jpg

明るいうちに浦和までもどったので、「通船堀」観光。

住宅.jpg

江戸時代に堀を作り、船で物資を輸送、発想だけでも素晴らし。

文化.jpg

歴史の深さを感じさせる旧家、古の文化と触れ合えるのは良いです。

蔵.jpg

大勢の人たちが生活の糧としていた生業、保全してほしいです。

通船堀.jpg

今のように重機で掘削していたのではなく、人の手での作業?

渡し.jpg

川と川の水位を調整するための仕組み、よく考えられています。

とれたて.jpg

見沼から更に下って荒川の戻り、「キッチンとれたて」

日没.jpg

雨降りで中止で然るべき状況で、栃木まで行きパンク
帰宅が危ぶまれる中パンク修理できました。
改めて持ち物の点検と備え確認を気を付けます。
posted by 金子和弘 at 10:49| Comment(2) | サイクリング