2017年10月29日

2週続けて台風襲来

楽しみにしている日曜日のロングライドを阻止?
先週台風21号に続き、今週は台風22号が本州縦断。

丹下2.JPG

ウィークディーに早起きして、浅草散策
山谷地区のアーケード商店街は「あしたのジョー」故郷

丹下.jpg

さすがに橋の下には「丹下拳闘クラブ」はありません。

誕生日.jpg

北海道で大きな橋の建設に従事している次女が帰宅
誕生日のお祝い(家内誕生日)兼ねて、お食事へ。

スタッフ.jpg

店舗スタッフによる記念撮影、色紙に合わせると背景が暗く

スタッフ2.jpg

人に合わせると、色紙が花火の光で見えなくなっていました。

生ハム.JPG

生ハム・前菜・ハニークリームチーズ

カルパッチョ.JPG

季の魚カルパッチョ

フィッシュフリット.JPG

フィッシュフリット

アクアパッツァ.JPG

アクアパッツァ

パスタ.JPG

パスタ

バーニャカウダ.JPG

バーニャカウダ、ソーセージ、落花生

あいのり.JPG

店舗のメインスペースでは、80人規模の「あいのりパーティ」?

傘.jpg

日頃愛用していたリーズナブルな傘が折れてしまいました。
これまで雨から濡れるのを防いでくれたことに感謝です"(-""-)"
posted by 金子和弘 at 11:20| Comment(0) | サイクリング

2017年10月23日

台風21号上陸

台風21号.jpg

超大型、強い勢力の台風が日本列島を直撃

選挙.jpg

期日前・当日を含めて、悪天候・交通機関の乱れが続きました。

フロントディレーラー.JPG

フロントディレーラーにチェーンガードを付けていましたが
インナー内側に落ちてしまう現象が嫌なので
松村さんに修正+取付してもらいました。

予備.JPG

ブルベ600kmの300km地点でトラブルを起こし
苦しまぐれにいじりまわしたため機器を仕入れましたが
松村さんの技能により、予備の機器となりました。

チェーン.JPG

ダイシャリンで購入したチェーンも
シマノ説明書に型番違いと記載されていましたが、
「問題なく使えますよ」と助言もいただきました。

10万km2.jpg

アタック磐梯山はトラブル+冷たい雨のランドヌールでしたが
悪天候が続きブルベ以外ではロングを走ることがない状況では

10万km達成の良い機会となしました(^_-)-☆
posted by 金子和弘 at 06:21| Comment(2) | サイクリング

2017年10月16日

平成29年アタック磐梯山

裏磐梯.gif

天気予報が雨天でしたが、アタック磐梯山600kmに参加。
午前3時に川口を車で出発して、松屋朝食
午後5時過ぎにはスタート地点、入間市豊水橋に到着。

スタート.JPG

参加者が続々と現れ、5時30分ブリーフィング
5時50分車検後、一番先にスタートしました。

昨年は泉さんたちの集団3人の後方に付かせてもらい
下館まで行けたので、入りが非常に楽だったのですが
50km付近まで先頭で飛び出してしまったので自力走行
利根川を渡る頃には近藤さんが現れ
あっという間に見えなくなっていきました。

キャラダイス.jpg

松村さんにキャラダイスのサドルバックを取り付けてもらったため
リュックサックを背負うことなく、カッパ・着替えなど収納できました。

雨が降り続くことを意識して、宿もじゃらんで温泉宿を予約
下館(茨城)那珂川(栃木)白河・喜多方(福島)を巡り
午後9時30分、セブンイレブンで夕食を買って宿に到着の予定

でしたが、猪苗代を通り過ぎ
宿に現況を話して指示をもらったのに
更にさまよい、10時30分到着となりました。

温泉に入り、翌日午前3時ごろ出かけようを就寝
ところが寝付かれず、午前1時(滞在2時間半)で
宿をスタートしてしまいました。

参加者も夜間にも拘わらず、走り続けていたので元気をもらい
郡山・天栄と陽が明けてきた頃、トラブルが発生!!!

フロントギアがインナーの内側に落ちてしまいました。
ガッチリクランクに食い込んで、外れません。
何とか引っ張り出せたかと思いきや
ギアの内側に落とさないためにつけた
チャーンガードでチェーンリングにかけることができません。

仕方がないのでフロントディレーラーをはずし
チェーンをインナーにかけたのですが
フロントディレーラーのコントロールが効かなくなりました。

インナー縛りでの走行を考えディレーラーが干渉しないようにして
走り続けることにしましたが、ゴール豊水橋まで250km道のりを残しました。

那須・矢板に入った頃から冷たい雨が降り始め
寒さでDNFを考えるようになりました。

しかし翌日の仕事・入間に置いた車・川口まで帰る交通手段など
このまま走り続けるよりも遥かに高い労力がかかります。
そんな時に勇気づけてくれるのは、他の参加者の姿で
「もうちょっと頑張りましょう」と声を掛け合い
午後5時ごろ豊水橋にたどり着くことが出来ました。

がーみん.JPG

今回とてもよかったのは、アルカリ乾電池
ニッケル水素電池を日頃使用していますが
15時間ほどしか持たなくなっていたところが
35時間を経過しても残容量がたっぷり!

それとサドルバックの容量がたっぷりになり
輪行パーツ・着替えを持参できて
気持ちに余裕を与えてくれました(^^♪

posted by 金子和弘 at 16:30| Comment(2) | サイクリング