2019年05月20日

赤城山山麓、とんとん広場

福田.jpg

午前4時30分前には川口を出発、蕨駅吉野家で朝食
午前6時セブン富士見市岡ノ坂店スタート
午前6時50分ローソン川越福田で参加者が揃いました。

ジャージ.jpg

往路は太田市を通過すると上り基調、追い風に救われています。

電池交換.jpg

Etrex20、糸魚川ファストラン往復と大間々まで
電池交換をしないでアルカリ乾電池は持ちました。
充電池EVOLTAは15時間は持たなくなっています。

とんとん広場.jpg

午前11時、開店時間に合わせて「とんとん広場」到着。

到着.jpg

寺内さんも「赤い稲妻号」にて、午前3時出発にて合流。

ソーセージ.jpg

オーダーは「ソーセージ盛り合わせ」

カレー.jpg

「ポークカレー」、ちょっと多めでした。

食卓.jpg

食卓には並びきれない程の食材が所狭しと並んでいます。

帰路.jpg

帰路は下り基調ながら向かい風、赤い稲妻号も家路に向かいます。

はにわ.jpg

「大室古墳群」前橋市にある国の史跡に指定されています。
自転車での立入禁止なので、投目からのイメージのみ。

城.jpg

新田義貞公の城跡「反町薬師尊」に参拝

堀.jpg

周囲をお堀に囲まれた城、当時の栄華がしのばれます。

深谷駅.jpg

渋沢栄一生誕の地として脚光を浴びる「深谷駅」。

向かい風.jpg

往路応援してくれた風、復路は向かい風( ;∀;)

ゴール.jpg

随所で歴史の勉強・観光、行く手を妨げる向かい風のため
到着時刻が予定より遅れましたが陽の落ちる前に川越到着。

体調管理にも貢献できるサイクリングを楽しみました(^^♪
posted by 金子和弘 at 10:25| Comment(2) | サイクリング

2019年05月13日

2019年糸魚川ファストラン

過去に3回参加したことがありますが
天候に恵まれたことはありませんでした。
今回も1週間前までは雨マークがありましたが
開催日が近づくに連れて好天予想に(^^♪

スタート.jpg

諸事情により一度は参加をあきらめましたが
なんとか前日石和健康ランド入りして
午前3時57分「チーム多摩サイ」としてスタート地点へ。

直前.jpg

万力公園から富士見峠まではゆるいのぼりが続きます。
韮崎あたりまではローテーションに入っていましたが
のぼりが続く割には加速が続くのでマイペースに変え
集団離脱しました。

右側.jpg

200kmほどですと離脱をした時点で追いつくことは不可ですが
10時間を切る方々は最後まで走り抜けてしまいますが
多くの方が後半減速するので少しずつ上がっていくことにしました。

幸いなことに随所で他の集団ローテーションに入り
長距離ブルベのようにチェックポイントのみの休憩
軽食及び飲料も主催者側の用意があり助かりました。

第3.jpg

前半負荷をほとんどかけなかったので休憩ポイントでの疲労感なし。

パンク.jpg

上越市を過ぎて海岸線へでる手前で佐々木さんパンク。
原因がタイヤの摩耗によるもので走行が難しい状況。
高田さんが知り合いのサポートカーに連絡を付けて
交換用のタイヤを取り寄せて、難を逃れました。

ゴール.jpg

那珂川300mブルベのパターンと一緒で3人ローテと
休憩なし単独走行で一緒にゴールできました(^^♪

4人.jpg

陽の落ちる前にゴールして、たくさんの素晴らしい景色を眺められました。

翌日.jpg

スタート地点にたてた全員完走、翌日記念写真撮影後、石和温泉へ。

白馬.jpg

宿泊したホテル近くの姫川駅から南小谷まで電車輪行。
白馬の山々、絶景です(^_-)-☆

松本駅14:17分発、塩山行き各駅停車に乗車するために
青木湖、木崎湖、安曇野経由で松本へ。
塩尻峠を電車で回避は、先日の三国峠回避と同じ戦法。
富士見峠で下車すれば基本石和温泉まで下り基調。

石和健康ランド温泉につかり、ゆっくり夕食を味わい
深夜時間帯、車で渋滞なく川口にたどり着けました。

前泊石和健康ランド、糸魚川ファストラン参加完走
2日間を通しての好天
ほんとうに感謝、ありがとうございました。
posted by 金子和弘 at 14:28| Comment(2) | サイクリング

2019年04月30日

アタック日本海、DNF

午前3時川口を車で出発、練馬のすき家で朝食
午前5時前にサンピア越生駐車場でブリーフィングの後
車検でスタート。

天気予報通り雨降りが残っていたので
長袖アンダー、長袖ジャケット、ウィンドブレーカー
100均雨合羽、反射ベストでの旅立ち。

小前田の先で先頭に合流
前橋・渋川とゆるいのぼりが続き
敷島の駅前でお日様が覗き暑かったので合羽を脱ぎました。

沼田PCを過ぎて猿ヶ京から三国トンネル付まで好天でしたが
苗場側の空模様が一変して黒くなり三国トンネルをくぐると

「トンネルと抜けると向かい風、突風の猛吹雪」

例年ですと苗場のゲレンデを背景に写真を撮り
FBにアップしていましたが、それどころではありません。
苗場田代あたりでは雨脚が強く、気温もどんどん下がってきました。
トンネル内の路面状況も悪く、車の速度も速いので恐怖です。

なんとか湯沢に降りましたが、手がかじかんでフロントギアチェンジ不能。
石打のレストランでネガティブな精神状態を回復のため1時間休憩。

精神状態は幾分回復しましたが、雨降り状態が一向にゆるむことなく
5時間以上簡易な雨対策で濡れ続け
予約をしてある長岡ホテルまで200km以上
到着予定が午前1時以降になるため
残念ながらDNFを決めました。

17号線塩沢「ダイソー」にて自転車カバーを購入
JR塩沢駅からJR長岡駅まで乗車して
ホテルに入り早めの就寝。

午前5時過ぎにホテルをでると幾多の困難を乗り越えているライダーと合流。
悪天候、睡眠不足と疲労の感は見て取れますが走り続けています。
スプリンターでもヒルクライマーでなくても、凄いと改めて感じました。

17号線を長岡から渋川までルートは引かれていますが
国道に沿った市街地があり、DNFの特典でのんびり走行。

小島屋.JPG

ブルベでは帰路も三国峠を登り返しますが
認定を外れると観光モード、
山の区間「越後湯沢〜水上」を電車利用
最後のPC渋川に立ち寄ると前半一緒にいたマスダさん達数名と合流。
ここまでのサバイバルな道のりを聞けました。

ゴール地点サンピア越生で汗を流して
車で無事帰宅(^^♪

こいのぼり.jpg

改めて悪天候の恐ろしさとブルベライダーの精神力を感じました。


posted by 金子和弘 at 08:32| Comment(2) | サイクリング